立志館ゼミナールとは?

小学生・中学生・高校生を対象とする学習塾「立志館ゼミナール」は株式会社大阪教育研究所が運営する総合塾です。立志館ゼミナールは「小中学部」「中学入試部」「高校部」に分かれています。

立志館ゼミナールは南大阪を中心に現在28教室(2008年10月現在)を展開しています。

展開している地域は、
堺市(15校)、大阪市(2校)、和泉市(3校)、河内長野市(1校)
大阪狭山市(1校)、泉大津市(1校)、高石市(1校)、貝塚市(1校)
富田林市(1校)、岸和田市(2校)

ここでは立志館の「小中学部」「中学入試部」についてそのクラスコンセプトを見ていきましょう。

なぜクラスのコンセプトを見る必要がみるのかといえば、このコンセプトにこそ立志館ゼミナールの勉強に対する姿勢が表れているからです。

立志館ゼミナールの「中学入試部」とは?
「中学入試部」のキャッチフレーズは「200分授業でわかるまで授業」です。中学受験の場合、多くの塾で大量の宿題を出し、未消化で中学受験まで進む生徒が多いというのが事実です。立志館ゼミナールでは、そうした中学受験の悪弊を排除するため、キャッチフレーズにあるような「200分授業でわかるまで授業」を行っています。

立志館ゼミナールの1回200分授業(小学5・6年生)は、

前回の復習→新出項目の学習→基本問題→応用問題

このサイクルを1回の授業の中にすべて組み込んでいます。こうしたサイクルを塾の授業で行うことで、子供たちが完全に理解するまで、そばについて導けるというわけです。

立志館ゼミナールの中学受験スタイルはもしかしたらこれから21世紀の中学受験のスタイルになる可能性は大きいといえます。

立志館ゼミナールの「小中学部」とは?
小中学部のキャッチフレーズは「わかるまで教える」です。単なる知識の羅列や積み上げではなく、「本質の理解」、これを念頭に授業も補習も進めていくのが立志館ゼミナールの小中学部です。

「本質の理解」とはなにか? 立志館ゼミナールはそれを「なぜそうなるのか?」そのものであると言います。ゆえに解答に至までのプロセスを子供たち自身に考えさせたり、表現させたりすることも重視した授業を行っています。

このように「わかるまで」授業の中で解決していくスタイルが立志館スタイルといえます。

スポンサーリンク