【小学部】小学生も90分授業

立志館ゼミナールの「小中学部」は高校受験を目指すクラスです。小中学部では「わかるまで教える」「なぜそうなるのか?」までを授業の中で行う立志館のスタイル。それは掛け声だけではありません。

立志館ゼミナールの高校受験を目指す「小学部」のコースでは、小学校3年4年は60分授業を行い、小5生からは中学生と同様の90分授業で行われます。それは「わかるまで教える」「なぜそうなるのか?」を授業内でこなそうとすれば、どうしても必要な時間と言えます。

よく「わかるまで徹底的に教えます」というキャッチフレーズを使う塾がありますが、そうした塾の授業時間を見てみれば、それがポーズとして言っているのか、実際に実行しようとしているのかがわかります。

90分授業とは「わかるまで教える」のに必要な時間と言うことですね。

ただ、90分授業にも問題があります。

小学生の場合、例えば、集中力が続かないという子どもが多いはずです。60分までなら持つが90分は難しい。

立志館ゼミナールの講師はそうした生徒の特性を把握しており、90分の授業を飽きさせないように、「作文教室」「漢字バトル」「計算オリンピック」などのゲーム的な要素を取り入れたものを授業に取り入れ、長丁場の90分授業を身のあるものにすべく取り組んでいます。

また、「小学部」では、年に5回「立志館ジュニアテスト」を実施しています。ほぼ2ヶ月半ごとに実施されるこのジュニアテストは高校受験までの長い期間を通して子どもたちが勉強のモチベーションを維持していくための装置といえます。

小学校内ではなかなか見えてこない子どもたちの学力や順位などを把握しておくことは中学生以上に小学生には求められます。

小学生の間の差というのはまだ非常に小さく、課題点があっても比較的短時間で解決が可能です。そうした課題点を見つけるために使用されるのがジュニアテスト。

「よくできる」とか「まあできる」という曖昧な形ではなく、きちんとした分析と数字で示された母集団の大きな立志館のジュニアテストはお勧めです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク