立志館ゼミナールは単科制

高校受験を目指す立志館ゼミナールの「小中学部」クラスの特長は、単科制ということです。単科制は、1科目から、期間は1ヶ月間からの選択受講が可能です。

なぜ立志館ゼミナールが単科制をとるかというと、相性が悪い授業を長く強制的にとる必要はないという考えからです。

講師は常に選ばれる立場にあり、子ども達から支持を受けなければならないというのが立志館の考え方です。

子ども達から支持を受けるというと、子ども達の機嫌をとるような印象があると思いますが、それは違います。

子ども達の機嫌をとる授業をすれば支持はされますが、しかし長続きしないのです。おもしろい授業、わかる授業、そしてできるようになる授業こそがもっとも子ども達の支持を受けます。

単科制の場合、早い子どもは1ヶ月やめてしまいますから、講師の側も常に緊張感をもって長く支持を受ける授業を行わなければなりません。

立志館の講師がいつまでも立志館の講師であるためにも単科制が導入されているのです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク